読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mu mu 360 のゲームライフ

ゲーム歴25年以上(ドラクエ3以来)。ゲームについてのブログです(旧Xbox公認ファンサイト)。Xbox One、Xbox360を中心にプレイしたゲームの感想を書いています。

XBOX360 大規模システムアップデートでの注目点

XBOX360
 
 6 月 6 日(火曜日)に Xbox Live を通じて Xbox 360 のシステムアップデートが実施されました。
 
 今回実施されたシステム アップデートの主な特徴は、Xbox Live マーケットプレースの機能向上、音楽プレイヤーの機能向上、DVD ムービー再生の機能向上です。
 
 新機能追加・改善点は微細に渡っており、よりストレス無く操作できるように改良されています。
 
 例えば
 ディスクが入った状態での本体起動時に、ディスクを起動するかダッシュボードを表示するか選択設定できるようになっていたり、
 音楽プレイヤーのシャッフル再生のオン・オフの切り替えアイコンがよりわかりやすい表示に変更されていたり、などなど具体例を挙げていくとキリがありません。
 
 
 いろいろ使ってはじめて気付くものも多いと思いますし、改良されていることにすら気付かないレベルのものもあると思います。そういうものまで含めて125項目以上。
 
 これまでも小規模なアップデートは行われてきましたが、今回は年2回予定されている大規模なアップデートの初回に当たるものだそうです。
 
 
 その中で私が注目したのが、XBOX360ダッシュボードとXBOX.comで表示されるゲーマーアイコンを「一般公開用」と「フレンド専用」を別々に設定できるようになったこと。
 
 さっそく、種類を変えてみました。というわけで私と XBOX Liveでフレンド登録してる方は、ここに表示されているものとは別のアイコン画像が見られます。
 
 
 今はこんな、お遊び的な用途しかありませんが、この変更は今後発売される周辺機器「Xbox Live ビジョン」(北米と欧州では9月19日予定)というビデオカメラへの対応を前提としたものと推測されます。
 
 ゲーマーアイコンの画像は現在ユーザーに開放されていないので、規定の物もしくはマーケットプレイスからダウンロードしたもの(無料・有料)から選ぶしかありません。
 
 
 「Xbox Live ビジョン」が導入されたらカメラで撮影した自分の画像をゲーマーアイコンに設定できるようになるものと思われます。
 
 それにより今後はユーザーの「顔出し」の機会が増えてくるので、プライバシーに配慮してユーザーが自己責任で公開範囲を決められるようにということなんでしょう。
 
 なおプライバシーの設定(プロフィールやゲーム履歴など)も公開範囲を「全て」「フレンドのみ」「公開しない」から選べるように変更されています。
 

 「Xbox Live ビジョン」はゲーム中でいろいろ活用されます。現在XBOX Liveアーケードで配信中の「UNO」には先行してカメラ対応機能が搭載されています。
 
 他にも先月のE3で発表された Activision の「WORLD SERIES OF POKER TOURNAMENT OF CHAMPIONS」(ポーカー)では、プレイヤーの正面の顔と横顔をカメラで撮影して3D化し、ポリゴンキャラで登場するということが出来るそうです。
 
 
 顔を取り込んで3D化した画面写真が、ファミ通.comの記事で紹介されていますのでぜひご覧下さい(こちら)。
 
 実際のゲーム中の画面写真は下に貼付しました。この雰囲気の中に自分が登場するわけです。これは今までに無いゲーム体験が出来そうで楽しみです。
 

 今回のアップデートで、XBOX360の使い勝手は、かなり向上してますが、まだまだ不都合に感じる部分があったら、遠慮なくサポートに報告すれば、次回のアップデートで反映されるかもしれません。
 
 マイクロソフトもアップデートについてはユーザーの要望を反映させていく意向のようですから、どんどん要望していきたいものです。

Xbox 360 のシステムアップデートのお知らせ(こちら)(Xbox公式サイト)