読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mu mu 360 のゲームライフ

ゲーム歴25年以上(ドラクエ3以来)。ゲームについてのブログです(旧Xbox公認ファンサイト)。Xbox One、Xbox360を中心にプレイしたゲームの感想を書いています。

見よ!これが“世界水準”だ!XBOX360版「Gears of War」

XBOX360
 
 

 この画像をクリックすると「Gears of Warスペシャルサイトにジャンプします(年齢制限あり) 

 
        
 
 
 昨年11月に北米他で発売後、6週間で200万本を突破したXBOX360版「Gears of War」。
 ついに日本語版が発売されました。 
 
   
 
 私も「Gears of War」を予約購入したので、さっそくプレイしてみました。
 
 とにかく画面の密度が半端じゃありません。
 XBOX360版「ロストプラネット」の画面にも圧倒されましたが、「Gears of War」は画面に呑み込まれるような感じと言いましょうか。
 
 そして音も凄いです。
 コントローラーから伝わる振動との相乗効果で作品の中に引きずり込まれます。 
   
 
 
 ■「Gears of War」の映像美は、ぜひ、動画で確かめて下さい(18才以上のみ対象)。
 スペシャルサイト(文頭の画像をクリック)では、作品世界を伝える3編の動画が公開されています。
 

 
  
 
 操作については、TPS(三人称視点)ということもあり、FPS(一人称視点)とは微妙に異なる独特の操作に最初は戸惑いましたが、慣れるまでに、さほど時間は掛かりませんでした。「アクティブリロード」が面白いです。
  
近接攻撃では先端部のチェーンソーが威力を発揮。 
 
 
 キャンペーン(ストーリー)モードの難易度は高めに感じました。 
 しかし「Gears of War」では、キャンペーンモードを、フレンドとオンラインで協力して進めることができるのです。
 
 それもキャンペーン(ストーリー)モードを一人でプレイ中に、オンラインのフレンドを招待して(フレンドが招待を受ければ)、ゲームを中断せずにそのまま協力プレイへ移行することが出来るのです。 
  
 実際に試してみましたが、これはすごく新鮮で楽しかったです。
 
 オンラインプレイと言うと、これまでは1対1の対戦もしくは協力しながらの対戦がほとんどでしたが、フレンドと協力しながらストーリーモードを進めるというのは、また違った楽しさがあります。
 
 XBOX360では「ニード・フォー・スピード カーボン」でオンラインでの協力ミッションというのがありますし、2月22日発売予定の「ライオット アクト」でもオンラインでの協力プレイがあります。これからこういった形式が増えてくるのかもしれません。
  
 
 
 マルチプレイヤーモードは、まだプレイしていないので、またの機会に触れたいと思います。 

  
 【参考】マルチプレイの雰囲気が分かる動画のご紹介(18才以上のみ対象)


 各画像をクリックすると、動画が掲載されているページ(You Tube)にジャンプします。 
 
 
 ※本記事は、「Gears of Warトラックバックキャンペーンに参加しています(詳細はこちら)。