読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mu mu 360 のゲームライフ

ゲーム歴25年以上(ドラクエ3以来)。ゲームについてのブログです(旧Xbox公認ファンサイト)。Xbox One、Xbox360を中心にプレイしたゲームの感想を書いています。

XBOX360版「ロストオデッセイ」の衝撃!

XBOX360
  
 
  
 
 
 昨日のマイクロソフトXBOX360メディアブリーフィングの内容は、各ゲーム情報サイトでもくわしく紹介されています。
 (ファミ通.comにてダイジェスト映像を配信中→こちらXbox管理人ブログ→こちらでは6分割にて配信中)。
 
 
 特に日本市場におけるXBOX360最大の注目作「ブルードラゴン」の発売日が12月7日に決定、さらにXBOX360コアシステムに「ブルードラゴン」を同梱した「ブルードラゴン プレミアムパック」も同時発売と、年末商戦のキラーアイテムとしてXBOX360本体の普及を託したかたちとなりました。
 
 
 しかしユーザーの立場から、ハード購入の際に気になるのは、そのハードの将来性
 具体的には「ブルードラゴン」といっしょに本体を購入した後に、楽しみなソフトがあるの?ということが購入の動機付けとしては必要不可欠です。
 
 
 「ブルードラゴン」は鳥山氏のキャラクター、坂口氏のプロデュースと、文字通り“鉄板”の組み合わせ。
ドラゴンクエスト」「クロノトリガー」を連想させる最大公約数的な安定感がありますが、RPGというジャンルが成熟している日本では、ユーザーからは違ったテイストのRPGも求められます。
 
  
 その点についても、メディアブリーフィングでは、トライエース開発(マイクロソフト販売)の「インフィニット アンディスカバリー」、バンダイナムコゲームスの「トラスティベルショパンの夢~」といった固定ファンのいるメーカー、開発スタジオのタイトルを準備していることを紹介しています。
 
 しかしこれらは既成のイメージから大きく脱却するものではなく、強いて言えばPS2をはじめとする従来のハードでのゲーム体験と似たような安定感、安心感を求めるユーザーへの約束手形に過ぎません。
 
 
 XBOX360でしか楽しめない“新たなゲーム体験”を、日本市場で欠かせないRPGで実現するソフトが出ない限り、XBOX360の将来への期待は、膨らみません。
 
 
 その将来への期待を抱かせる最有力候補となりそうなのが、XBOX360版「ロストオデッセイ」です。
 
 
 昨日のメディアブリーフィングでは、既にネットで漏れ伝わった情報ばかりでサプライズ発表は期待できないという空気の中、メディアに初めて公開されたXBOX360版「ロストオデッセイ」の“実機映像”が、来場者に衝撃を与え、会場の空気を一変させたようです。
 
 その様子は、Amaginさんのブログ記事(こちら)をお読み頂けると感じ取れることと思います。
  
 
 “実機映像”が一番のサプライズだったというのは、ゲーム機の発表会としては、本来あるべき姿として喜ばしいことだと思います。
 
  「ブルードラゴン」で勝負を賭ける年末商戦の後に、「ロストオデッセイ」が控えているというのは、日本市場でのXBOX360の将来にとって光明となることでしょう。
 
 
 XBOX360版「ロストオデッセイ」は、東京ゲームショウに出展された後、11月にはファミ通(本誌?ファミ通XBOX360?)の付録として体験版が提供されるようです。
 
 
 XBOX360ユーザーはもちろん、XBOX360コアシステム発売を機に、XBOX360本体の購入を検討されている方も、この体験版は要チェックです。
 
 
上の画像をクリックすると、XBOX360版「ロストオデッセイ」紹介ページにジャンプします(Xbox公式サイト)