読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mu mu 360 のゲームライフ

ゲーム歴25年以上(ドラクエ3以来)。ゲームについてのブログです(旧Xbox公認ファンサイト)。Xbox One、Xbox360を中心にプレイしたゲームの感想を書いています。

PS2版「ファーレンハイト」

PS2

 51JN7WTRMGL__SL160_AA160_←画像クリックで商品購入ページへ
 
 2月発売予定のソフトで非常に注目しているのが、PS3版「HEAVY RAIN(ヘビーレイン) -心の軋むとき-」です。
 
 このPS3版「HEAVY RAIN(ヘビーレイン) -心の軋むとき-」の開発会社  Quantic Dream の前作に当たるのが、PS2版「ファーレンハイト」です。 
 
 
 日本では2006年1月に発売された本作(海外では2005年9月発売)。
 
 発売当時に購入したのですが、途中で挫折して積んだままになっていました。
 
 
 PS3版「HEAVY RAIN(ヘビーレイン) -心の軋むとき-」発売を機に再挑戦し、クリアしました。
 
 実に4年越しのクリアです。

 ゲームとしてのつながりは全くありませんが、本作の礎の上に、PS3版「HEAVY RAIN(ヘビーレイン) -心の軋むとき-」が成り立っていることは確かなので、発売前にどうしてもクリアしておきたかったのです。
  
 
 PS2版「ファーレンハイト」は、今プレイしても、非常に斬新で独創的な作品です。
 
 特に演出が秀逸で、「24」などの海外ドラマを見ているようです。
 
 
 プレイヤーは3人のキャラクターを切り替えながら、それぞれの視点で物語を進めていきます。
 
 話を進めていく中で、会話シーンでは、制限時間内に選択肢を選ばなければならず、プレイヤーは常に決断を迫られます。
 
 アナログスティックを主に使用する操作も独特です。
 
 エンディングもマルチエンディングで3種類あります(全部見ました)。
 
  
 中盤までは雰囲気満点で、素晴らしい出来なのですが、終盤、話がぶっ飛んでしまうのが残念で惜しい。
 
 サイコサスペンスだったはずなのに、いきなりSFになるという感じでした。
 
 しかし、その分を差し引いても、PS2版「ファーレンハイト」には高い評価を与えたいと思います。
 
 
 PS2というハードで、ここまでの表現を実現した開発会社 Quantic Dream は、凄いと思います。
 
 その Quantic Dream が、PS2版「ファーレンハイト」から4年の月日を経て、PS3のハードパワーを得て、どれだけのものを見せてくれるのか。
 
 PS2版「ファーレンハイト」をクリアしたことで、PS3版「HEAVY RAIN(ヘビーレイン) -心の軋むとき-」への期待が、俄然、盛り上がってきました。
 
 
[関連リンク]
 
●PS3版「HEAVY RAIN(ヘビーレイン) -心の軋むとき-」公式サイト
 
 51jBNy4RNzL__SL160_AA115_←画像クリックで商品購入ページへ
 
●開発会社サイト - Quantic Dream