読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mu mu 360 のゲームライフ

ゲーム歴25年以上(ドラクエ3以来)。ゲームについてのブログです(旧Xbox公認ファンサイト)。Xbox One、Xbox360を中心にプレイしたゲームの感想を書いています。

XBOX360版「ドリームクラブ」その1

XBOX360

 いよいよ開店。
 
 アマゾンでメール便扱いで発送されて、やきもきさせられましたが、無事、発売日に届きました。
 
 
 一周目ということで、まずはゲームシステムに慣れることを目的にプレイしています。
 
 試しに基本の8名をひと通り指名してみました。
 個性がしっかり分かれているので、人数分、楽しめそうです。
 さらに2名、追加されるので、全員を攻略するとなると相当なボリュームになりそうです。
 
 
 私は、恋愛アドベンチャーは膨大なテキストを読む気力が続かないので苦手なのですが、「ドリームクラブ」は恋愛シミュレーションということで、いろいろなゲーム性が盛り込まれて変化に富んでいるので、これなら、そこそこ楽しめそうです。
 
 
 「ファミ通XBOX360」に掲載された開発者インタビューによると、難易度は、あえて高めに設定されているとのこと。
 
 例えば、ただ同じホストガールを指名し続ければ仲良くなれるというわけではなくて、より親密になるには、他のホストガールを指名して、お目当てのホストガールの情報を引き出すということも要求されます。
 
 また何といってもオートセーブというのが、厳しい足かせとなっています。
 「アイドルマスター」のように、うまく行かなかったら、その都度やり直しという訳に行かないのです。
   
 
 ゲームの目的としては、1年間という限られた期間にお目当てのホストガールとの恋愛を成就させるということに加え、ホストガールのプロフィールを完成させるという、やり込み要素があります。
 
 華やかな見た目とは裏腹に、真正面から取り組むと、かなりやり応えがありそうというのが、第一印象です。
 
●「ドリームクラブ」公式サイト