読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mu mu 360 のゲームライフ

ゲーム歴25年以上(ドラクエ3以来)。ゲームについてのブログです(旧Xbox公認ファンサイト)。Xbox One、Xbox360を中心にプレイしたゲームの感想を書いています。

XBOX360版「トゥームレイダー:アンダーワールド」その3(完)

XBOX360

 「トゥームレイダーアンダーワールド」をクリアしました。  
  
  
 何とか攻略サイトに頼ることなくクリアできたので、達成感は大きいです。 
 しかし私でも自力でクリアできたということは、アクション上級者には物足りない難易度なのかもしれません。  
  
  
 前回の記事でも書きましたが、プレイ中、どうしても前作「トゥームレイダー:レジェンド」と比べてしまいがちでした。
 
 前作はステージ数は多かったけれども、ステージ毎のボリュームはあっさりしていて、本作はステージ数はやや少ないものの、仕掛けが大型化していたりで、一つのステージをじっくりやりこむ感じでした。
 
 
 前作から進化した部分として、まずはグラフィックが挙げられます。
 それぞれの遺跡の圧倒的なスケール感は、グラフィックの格段の進化があればこそ実現したものだと思います。
 
 もう一つは操作性。
 ララのアクションは多彩になっただけでなく、ジャンプの補正や突起物にしがみつく力の強化など、前作でストレスを感じた要素が改善されて、より直感的な操作が可能となりました。
   
  
 これらの進化は評価できる一方で、「結局、やることは同じ」というマンネリ感がどうしてもぬぐえなかったのは、シリーズ物の宿命でしょうか。
 
 私の場合、シリーズ物と言うと、最近では「HALO3」で若干のマンネリ感を感じましたが、「ギアーズ・オブ・ウォー2」では、前作との比較なんて吹っ飛んでしまうくらい夢中になりました。
 
 
 また同じジャンルの作品として、初代XBOXおよびPS2で発売されたUBIの「プリンス・オブ・ペルシャ」三部作があります(ちなみに日本ではPS2版のみ発売、私は北米XBOX版でプレイしました)。
 
 あの三部作は、「時間の砂」、「ケンシノココロ」、「二つの魂」と、一作ごとに、ただ進化するに止まらず、ゲームシステムも刷新され、それぞれの作品が独立した魅力を放ち、それでいてシリーズ通しての魅力も兼ね備えた素晴らしい作品群でした。

  
 その「プリンス・オブ・ペルシャ」ですら、次世代機での一作目となったXBOX360版(PS3版とのマルチ)「プリンス・オブ・ペルシャ」は、会心の出来とは言い難いものでした。

 それほどまでに、シリーズ物で、シリーズのファンを満足させつつ、新たなファンを獲得するような作品を作り続けるのは、難しいことだと思います。
 
 
 「トゥームレイダー」シリーズも、長く続くシリーズで、低迷期を経て、次世代機向けの一作目となる「トゥームレイダー:レジェンド」で、仕切り直しに成功したという経緯があります。
 
 実際、私も「トゥームレイダー」は、シリーズ一作目(初代PS、のちに「トゥームレイダー:アニバーサリー」としてリメイク)を途中で挫折。
 それ以降、同シリーズには縁が無く(映画は見ましたが)、「トゥームレイダー:レジェンド」で初めてまともにプレイしてクリアでき、改めて「トゥームレイダー」のファンになりました。
  
 
 聞きかじりの情報では、「トゥームレイダーアンダーワールド」は、それなりのヒット作にはなったものの、メーカー(EIDOS)が期待したセールス記録には届かず、次回作ではオープンワールド(箱庭系)にするなど抜本的な見直しが図られるかも知れないとのこと。
 
 ただ進化するに止まらず、劇的な変貌を遂げることには期待しますが、その一方で、焦って「トゥームレイダー」らしさを見失うことが無いようにして欲しいという心配もあり、複雑なところです。
  
 「トゥームレイダー」らしさをとことん追求し、ララの魅力を最大限に引き出した次回作が作られることを望みます。
 
 
 なお「トゥームレイダーアンダーワールド」には、完全日本語化された2つの追加コンテンツが配信されています(XBOX360版のみ)。 
 
 今のところ購入するつもりはありませんが、気が向いたら購入するかも知れません。
 その前に、積んでいる「トゥームレイダー:アニバーサリー」をプレイしなければという思いです。
   
 
 さて、いよいよ「ドリームクラブ」です。
 
 本日、アマゾンから発送通知のメールが届きました。
 これは「ギアーズ・オブ・ウォー2」に続いて発売日に到着か!?と喜んだのですが、「発送方法:佐川メール便」との表記が・・・。
 
 メール便では、いつ届くのか、確証がつかめません。   
 我が家の「ドリームクラブ」開店は、はたして明日か、明後日か・・・。
 何とも、じれったい状況に置かれてしまいました。
 
●「トゥームレイダー:アンダーワールド」公式サイト
   
●「ドリームクラブ」公式サイト