読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mu mu 360 のゲームライフ

ゲーム歴25年以上(ドラクエ3以来)。ゲームについてのブログです(旧Xbox公認ファンサイト)。Xbox One、Xbox360を中心にプレイしたゲームの感想を書いています。

復活!亀忍者!北米XBOX360版「TMNT」

XBOX360
  
 この画像をクリックすると「TMNT」公式サイト(北米版)にジャンプします。
 
 
 前回の更新から随分と間が空いてしまいました。
 更新されないままの当ブログを、何度も訪問いただいた方もいらっしゃるかと思います。
 何のお知らせもしないまま、放置状態となっていたことをお詫びいたします。 
 
 前回も書きましたが、個人的な事情により、ブログ更新が困難な状態となっていました。
 今度こそ再開できそうですが、まだ流動的な状態にありますので、以前のような更新頻度に戻るまでは、もう少し時間が必要かもしれません。ご容赦ください。
 
 
 さて、ブログ更新できない間、ゲームをゆっくり楽しむこともままならない状態でした。
 特に据え置き型ゲームをプレイする余裕が無く、携帯ゲーム機、それもほとんどPSP版「ルミネスⅡ」ばかりプレイしていました。
 PSP版「ルミネスⅡ」については機会を改めて採り上げたいと思います。
 本日は久し振りにプレイした新作XBOX360ソフト「TMNT」について。
 
 
 米国では「TMNT」が映画化されて大人気だそうで、このソフトもそれに合わせてリリースされました。
 「TMNT」と言えば、私の世代にとっては、往年のコナミアーケードゲームファミコンにも移植されました)のイメージが強烈です。
 Xbox Live アーケードコナミ版の「TMNT」が配信されることになり、私も楽しみにしていましたが、まさかの日本配信無し。
 「TMNT」のゲームの版権はコナミからUBIに移ったようで、そのUBIがXbox Live アーケード版の日本への配信無しという判断を下したのなら、XBOX360ほかでリリースされる新作も日本発売は望み薄かと思い、入手困難になる前にと、北米版を購入しました。
 
 時代の流れに沿って3Dアクションに生まれ変わった「TMNT」。
 私の大のお気に入りの「プリンス・オブ・ペルシャ」シリーズを作ったUBIの開発ということで、「プリンス・オブ・ペルシャ」ばりの忍者アクションを、お手軽操作で楽しめます。
 
 タイトルの購買層から、やや低年齢向けに作られた印象があります。
 たとえばカメラ(視点操作)は自動で、進行方向を迷わないような配慮がされています。
 序盤の5ステージほどをプレイしましたが、アクション上級者には、やや物足りないかも知れません。
 でもこのタイトルはあまり難しくするよりも、亀忍者たちのアクションを爽快感たっぷりに満喫できた方が良いと思うので、今のところは好印象です。