読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mu mu 360 のゲームライフ

ゲーム歴25年以上(ドラクエ3以来)。ゲームについてのブログです(旧Xbox公認ファンサイト)。Xbox One、Xbox360を中心にプレイしたゲームの感想を書いています。

見た目よりも動き重視で実現した爽快感!XBOX360版「お姉チャンバラvorteX」

XBOX360
 
 この画像をクリックすると「お姉チャンバラ vorteX」公式サイトにジャンプします(年齢制限あり)。
 
 
 昨年末の購入タイトルの中で、私が特に病みつきになっているのが、XBOX360版「お姉チャンバラvorteX」です。
 
 実は「ブルードラゴン」のデータを誤って消去してしまったときに 「お姉チャンバラvorteX」のデータも一緒に消去してしまったので、一からやり直しになったのですが、まったく苦になりませんでした。
 
 
 そのXBOX360版「お姉チャンバラvorteX」のスタッフへのインタビューが、IT media に掲載されました(文末のリンクを参照下さい)。
 
 SIMPLEからフルプライスへの移行についてはもちろん、画質とフレームの問題、「Z指定」にした意図など興味深い話題に触れています。
 
 
 「お姉チャンバラvorteX」は対応解像度がD4では無く、D3になっています。
 このことについては、以下のように述べられています。
 
**********************************************************************************************
 
手塚氏  それはですね、僕たちはアクションゲームがかなり好きでして、結構フレームにこだわってるところがあるのです。だから、なるべくアクションゲームである限り秒間60フレームで出したいと。なので見た目の画質よりも実のフレームを採ったような形になりますね。ちょっと30フレームまで落ちてしまう場所もあったりするんですけれども。

大橋氏 ゲームシステムの中に目押しでボタンを押していくとつながる「coolコンビネーション」であったりとか、その辺のフレーム重視のゲームシステムがかなり盛り込まれてまして。逆に画質優先の30フレームにしちゃうと、ゲームの肝である爽快感が損なわれてしまうんです

**********************************************************************************************
 
 私はこの判断は正解だったと思います。
 「お姉チャンバラ」の最大の魅力は、他のゲームでは滅多に味わえない“爽快感”です。
 
 「お姉チャンバラvorteX」を最初にプレイしたときは、初めこそプレイ中の画質の粗さに違和感を感じましたが、しばらくプレイするうちに画質の粗さは、さほど気にならなくなっていました。
 
 それ以上に、大きなキャラクターが滑らかに動く“爽快感”が素晴らしかったからです。
 
 PS2で発売された従来作品では、表示するキャラクターが増えると、ひどく処理落ちをしたものですが、「お姉チャンバラvorteX」では処理落ちを感じることも無くなりました。
 
 この“進化”は、シリーズ前作をプレイされた方なら、よく分かると思います。
 私も「THE お姉チャンプルゥ」「THE お姉チャンポン」(いずれもPS2)をプレイしていて良かったと思います。 
 
 また「お姉チャンバラvorteX」には数々の新要素が加えられていますが、「エクスタシーコンビネーション」は“爽快感”をよりいっそう高めてくれています。
 
 
 少し攻略めいたことを書くと、
 
 「お姉チャンバラvorteX」は、キャラクターがレベルアップしたときに、成長ポイントを自由に割り振ることが出来ますが、私のオススメの育成法は、とにかく「SKILL」を最優先で成長させること。
 
 成長ポイントを全て「SKILL」に注ぎ込むと、レベル38あたりで「SKILL」が最大値になります。
 主人公・彩の場合、最初は4発までしかないコンビネーション攻撃が、最大12発(二刀流では17発)まで繋がるようになり、別次元の“爽快感”が得られます。
 
 またキャラクターの育成には「ストーリーモード」より「サバイバルモード」がオススメです。
 「サバイバルモード」ではBOSSキャラは「ストーリーモード」で登場させた分までしか出てこないので、「ストーリーモード」攻略を後回しにすることで楽に育成し、“爽快感”を早く体感することが出来ます。
 
 
 延々と続く「サバイバルモード」は、プレイが作業的で単調になりがちですが、XBOX360のカスタムサウンドトラック機能を使うことで、気分を変えることも出来ます。
 
 ハードロックやヒップホップで気分を盛り上げるも良し、このゲームにはとても似つかわしくないような爽やかな曲でミスマッチ感覚を楽しむも良し。
 
 XBOX360独自のカスタムサウンドトラック機能は、作業的プレイでも作業と感じさせない素晴らしい機能だと改めて思います。 
 
 
 ■参照記事
 ・Xbox 360お姉チャンバラ vorteX ~忌血を継ぐ者たち~」インタビュー:大スクープ?お姉ちゃんが水着を着る理由が今、明らかに……(IT media 2007/1/9)こちら