読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mu mu 360 のゲームライフ

ゲーム歴25年以上(ドラクエ3以来)。ゲームについてのブログです(旧Xbox公認ファンサイト)。Xbox One、Xbox360を中心にプレイしたゲームの感想を書いています。

ついに“その時”が来た!XBOX360版「ブルードラゴン」

ファンサイトリリース
  
 この画像をクリックすると「ブルードラゴン」公式サイトにジャンプします。
 
 
 ※【Xboxファンサイトリリース(2006/12/06)】より引用
**************************************************************************************
 
===========================================================================
   Xbox 360(TM) 専用ソフト 『ブルードラゴン(TM)』、ついに明日(12月7日)発売! 
   渋谷に巨大なドラゴンの影が出現!
 ===========================================================================
 
 マイクロソフト株式会社 (本社 : 東京都渋谷区)は、次世代家庭用ゲーム機Xbox 360(TM)専用ソフト『ブルードラゴン(TM)』を2006年12月7日(木)に発売いたします。
 
 併せて同社は、Xbox 360 コア システムに『ブルードラゴン』を同梱した、『Xbox 360 コア システム ブルードラゴン プレミアムパック』を 同日の2006 年 12 月 7 日 (木) に、28,381 円 (税込価格 29,800 円) の希望小売価格で期間限定生産発売することをお知らせいたします。
 
 また「BIG SHADOW PROJECT(代表:GT INC.)」は、『ブルードラゴン』協賛のもと、「影」をテーマにしたメディア アートを明日12月7日(木)から10日(日)まで(10日はデモ投影のみ)行うことを併せてお知らせいたします。
 
 イベント来場者の影に連動して 7 階建てのビルの壁面に巨大なドラゴンの映像が投影され、渋谷の街を行きかう人々の度肝を抜く催しです。
 
 
 ■12月7日(木) Xbox 360 専用ソフト 次世代RPGブルードラゴン』 いよいよ発売!
 
 ゲームファンだけでなく、幅広い方から大きな期待を寄せていただいている『ブルードラゴン』が、いよいよ明日、12月7日(木)に発売となります。
 
 『ファイナルファンタジー』の生みの親 坂口博信氏プロデュースのもと、キャラクターデザインに「ドラゴンボール」の鳥山明氏、音楽に「ファイナルファンタジー」シリーズの植松伸夫氏を迎えた、史上まれに見る豪華開発陣によって開発された最高の次世代 RPGです。
 
 次世代ゲーム機 Xbox 360 が誇る最大かつ最高のゲームタイトルとして、Xbox 360 の機能をフルに活かした最高の映像と独特なキャラクター、3D で表現された世界観、大冒険活劇ストーリーにより、すべてのユーザーの皆様に圧倒的に質の高い RPG 体験を提供します。
 
 
 『ブルードラゴン』について
 
   心の光が影をつくる ―。
 
    五人の影をもつ者たち。影は同じ行動をとり、力を増幅し、魔力を生み出します。
    そんな影を持つことになった主人公、負けず嫌いの少年シュウ。
    襲いかかる災厄を止めようと、幼馴染のジーロ、クルックと共に立ち上がることになります。
 
    彼らの武器は「影」。ソード、アサシン、パワーマジックなど数種類の「影」カテゴリと200種類以上ものスキルを自由に組み合わせ、自分だけの攻撃方法を生み出すことができます。古代遺跡が溢れる星でさまざまな人物に出会い、彼らは「影」と共に冒険を繰り広げていきます。
 
   謎と仕掛けが満載。
 
     さわると反応するわくわくするような世界。ゲームの本当の楽しさを心ゆくまで味わえる作品の誕生です。
   
   【タイトル概要】
     タイトル表記  ブルードラゴン(TM)
     英語表記     BLUE DRAGON
     日本語カナ読み ブルードラゴン
     発売元             マイクロソフト
     開発会社            ミストウォーカーアートゥーン
     発売予定日   2006 年 12 月 7 日
     希望小売価格  6,800 円 (税込価格 7,140 円)
     ジャンル            ロールプレイングゲーム
     プレイ人数   1 名
     Xbox Live(r)      対応予定
     HDTVDolby Digital(5.1ch)     D4 対応
     対象年齢(CERO)        A 全年齢
     コピーライト表記
      (c) 2006 BIRD STUDIO / MISTWALKER, INC. All rights reserved.
      (c) 2006 Microsoft Corporation. All rights reserved.
 
    
 『Xbox 360 コア システム ブルードラゴン プレミアムパック』について
   超大作 RPGブルードラゴン』ゲームソフトを同梱した、期間限定生産のパックです。
 
   【製品仕様】
      製  品  名 Xbox 360(tm) コア システム ブルードラゴン プレミアムパック
      希望小売価格  28,381円 (税込価格 29,800 円)
      同梱物 一覧
        『ブルードラゴン(TM)』 ゲームソフト    1 本
        Xbox 360本体 (コア システム)          1 台
        Xbox 360 コントローラー                  1 個
        Xbox 360 コンポジット AV ケーブル   1 本
        Xbox 360 AC アダプター                  1 個
        取扱説明書                                  1 式
 
     備考:上記に、オリジナル フェイスプレート (非売品) とオリジナル ミニ フィギュア 5 体セット (非売品) が特典として同梱された「初回限定版」も同日に数量限定で予約先着順に発売開始となります。
 
 
   『FF』の生みの親、坂口博信氏によるクリエイティブカンパニー。
   小数精鋭スタイルで、これまでの同氏の経験の粋を集めた、新しいゲームの在り方を提案します。ミストウォーカーについての詳細は、http://www.mistwalker.info/ をご覧下さい。
 
 株式会社アートゥーンについて
   経験豊富な人材を擁するデジタルエンターテイメントの企画・開発・制作を行う会社です。オリジナルコンテンツの企画開発を中心に、外部との連携によるソフトウェア開発、移動体通信分野でのエンターテイメントコンテンツ企画・制作を主業務としております。株式会社アートゥーンについての詳細は、http://www.artoon.co.jp/ をご覧ください。
 
 
 ■渋谷に巨大なドラゴンの影が出現!
 
 「interactive wall ―BIG SHADOW PROJECT―」開催中
  日本のインタラクティブ・アートシーンを代表するアーティストが結集した「BIG SHADOW PROJECT(代表:GT inc.)」は、『ブルードラゴン』協賛による「影」をテーマとしたメディア アート イベントを、12 月 10 日まで(10日はデモ投影のみ)の期間限定で開催しています。
 
  来場者の影に連動して7 階建てのビルの壁面に巨大なドラゴンの映像が投影され、渋谷の街を行きかう人々の度肝を抜く催しです。
  ビルの壁面に投影される巨大な参加者の影が突然変化して、巨大なドラゴンになって動き出します。
 
   【アート・イベント日程】
     一般公開:  2006年12月7日(木)~12月9日(土)17:00~23:30
     デモ映像: 12月10日(日) 17:00~20:00
 
**************************************************************************************
 
 
 いよいよ明日発売となるXBOX360版「ブルードラゴン」。
 
 私がこのタイトルに心惹かれるようになったのは、クレイアニメのようなキャラクターが実際に動く予告編映像を見てから。
 植松氏の音楽も相まって、「ドラゴンクエスト」とも「クロノトリガー」とも違う鳥山明ワールドが、そこに存在していました。
 
 私は鳥山明氏の熱心なファンではありません。
 また鳥山明氏の作品では「ドラゴンボール」よりも「Dr.スランプ」の方が好きで、「ドラゴンボール」も途中で読むのを止めてしまった程度です。
 
 
 しかし「ブルードラゴン」には心が動きました。
 それには、あのクレイアニメ調のキャラクターの持つ“あたたかさ”が大きく影響していると思います。
  
 発売中の『ファミ通XBOX360』1月号のアートゥーンのスタッフへのインタビューによると、「開発が始まったばかりのころは、背景は水彩っぽいタッチで、キャラクターはトゥーンレンダリングだった」とのこと。
 
 私はトゥーンレンダリングには食傷気味なので、そのままだったら「ブルードラゴン」の購入意欲が沸くこともなかったでしょう。
 
 次世代機だから実現できたグラフィック。
 その世界で冒険できることを楽しみにしています。
 
 
 また、いちゲームユーザーとして、ここまでハードの命運を一身に背負ったタイトルと、その行方については気にならずにはいられません。
 
 ハードの命運を背負ったビッグプロジェクトのタイトルと言えば、ドリームキャストの「シェンムー」を思い出しますが、XBOX360が「ブルードラゴン」によって、どこまで普及台数を伸ばせるかは、日本のゲームユーザーのこれからにとっても、大きな意味を持っていると私は思っています。