読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mu mu 360 のゲームライフ

ゲーム歴25年以上(ドラクエ3以来)。ゲームについてのブログです(旧Xbox公認ファンサイト)。Xbox One、Xbox360を中心にプレイしたゲームの感想を書いています。

暗い!怖い!でも止められない!XBOX版「DOOM 3」

初代XBOX
 
 この画像をクリックすると「DOOM 3」公式サイト(英語)にジャンプします。
 
 
 3D酔い克服を目指すFPS修行。
 XBOX版「HALO」、XBOX版「HALO 2」に続き、次の課題にはXBOX版「DOOM 3」を選びました。
 
 
 XBOX版「DOOM 3」は、日本版未発売で、私は北米版を入手しました。
 リージョンフリーなので日本のXBOX本体でも動作しますし、XBOX360にも上位互換しています。
 
 さらに私の入手したのは“Limited Collector's Edition”で、特典としてオマケ映像の他に「DOOM」と「DOOM 2」まで収録されています。
 
 
 「DOOM」の一作目と言えば、私はメガドライブスーパー32X版を持っています。
 私が初めてプレイしたFPSで、3D酔いを初めて体験したソフトでもあります。
  
 初めて体験する3D酔いのせいで、ほとんどプレイ出来ずに封印したままになっているトラウマです。 
 
 その後もSS版「西暦1999」とかN64版「007/ゴールデンアイ」や、XBOX版「HALO」など、「今度こそ」の思いでFPSを何本か購入するも、そのたびに30分持たずに封印ということを繰り返してきました。
 
 「HALO」、「HALO 2」を(EASYモードで)クリアし、ついに因縁の「DOOM」最新作にチャレンジとなりました。
  
 
 英語なのでストーリーはさっぱり分かりません(イベントシーンはセリフのみで字幕表示はありません)。 
 日本語の攻略サイトでストーリーの基本設定を抑えて、プレイを始めました。
 
 ある程度進んだら、(休憩を兼ねて)攻略サイトでセリフの意味を確認して次に進む、というようにしました。 
 
 
 「DOOM 3」は、初代XBOXのソフトとしては最上級のグラフィックで、グロテスクなモンスターが表現されています。
 
 火星が舞台で、電力の供給不足のため薄暗い(という設定の)基地の中を懐中電灯で照らしながら進んで行くのですが、恐る恐る進んでいると、前方の暗闇の中から、あるいは背後から突如モンスターが現れます。非常に怖いです。
 
 怖いのですが、一度始めると、なかなか止められません。
 吸い寄せられるように、先へ先へと進んでしまいます。 
 
 キャンペーンモードは、かなりのボリュームがあるようで、まだまだ序盤ですが、頑張ってクリアして“トラウマ克服”といきたいです。