読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mu mu 360 のゲームライフ

ゲーム歴25年以上(ドラクエ3以来)。ゲームについてのブログです(旧Xbox公認ファンサイト)。Xbox One、Xbox360を中心にプレイしたゲームの感想を書いています。

検証!XBOX360 秋のシステムアップデート ②PCとの連携、他

XBOX360
 
 この画像をクリックすると「Xbox360 システムアップデート」詳細ページ(Xbox公式サイト)にジャンプします。
 
 
 10月31日に実施された「Xbox360 秋のシステムアップデート」。
 前回に引き続き、私が注目した項目をピックアップします。
  
 
 Windows Media Player 11で、より快適にPCと連携
 
 米国では「Xbox360 秋のシステムアップデート」と同じタイミングで、Windows Media Player 11(以下WMP11)正式版が公開されました。
   
 Windows Media Connect でPCのデータをXBOX360と共有するには、いちいち Windows Media Connect を起動しなければいけませんが、WMP11 では “Media Sharing”機能が搭載され、一回、共有フォルダの設定をしてしまえば、その後はWMP 11 を起動しなくても、XBOX360から WMP11のライブラリーを読み込むことが出来ます。
 
 
 さらにWMP11では、これまでの音楽(マイミュージック)、動画(マイビデオ)に加え、画像(マイピクチャー)もライブラリーに加えられることになりました。もちろん任意のフォルダもライブラリーに追加可能です。
 つまり MP11があれば、Windows Media Connect は不要となります。
 
 日本ではWMP11は、コンシューマ向けのWindows Vista発売にあわせ 2007年1月に提供予定です。
 Windows Media Connect でPCのデータをXBOX360と共有をしている方は、WMP11が提供されたら導入することをオススメします。
 
 
 マーケットプレイスの配信動画に使用期限の設定
 
 Xbox Liveマーケットプレイスで配信される動画コンテンツに使用期限が設定されました。
 
 この機能の用途として、Xbox Liveマーケットプレイスを通じて米国のXBOX360ユーザー向けにテレビ、映画のコンテンツ販売をXBOX360の発売1周年に当たる11月22日から開始することが発表されました(文末の参考記事を参照)。
 ただし映画はレンタル(期限付き)のみとなるとのこと。
 
 
 これはゲーム機業界の競争と言うより、Appleの「iTV(仮称)」への対抗策と、私は捉えています。
 
 既にAppleの「iTunes Store」では米国のTV番組に加え、9月からは映画の配信(画像サイズは640×480)も開始されています。
 そして2007年第一四半期にはHDMI端子も搭載したセットトップボックス「iTV(仮称)」が発売予定で、これによりPCやMacに保存した「iTunes Store」から購入した動画コンテンツを、手軽にTVで再生することが出来るようになります(文末の参考記事を参照)。
 
 
 日本では動画コンテンツのダウンロード販売はまだ普及途上で、先行する「iTunes Store」にしても、現時点では音楽のPVやピクサーの動画が配信されるにとどまっています。
 
 XBOX360の動画コンテンツのダウンロード販売が日本でどのように展開されるかは、まだ不明ですが、このサービスを本格的に利用すると、現在の専用HDD(20G)では容量が不足してくることは必至で、大容量の専用HDDの発売もしくはPC用の外付けHDDへの対応のいずれかが待たれるところです。
 
  
 【参考記事】
  「米MS、Windows Media Player 11正式版を公開」(AV Watch 2006/10/31)こちら
  「MS、Xbox Liveでテレビ/映画のコンテンツ配信をスタート」(ITmedia News 2007/11/07)こちら
  「米AppleHDMI端子搭載のネットワークSTBiTV』」(AV Watch 2006/09/13)こちら