読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mu mu 360 のゲームライフ

ゲーム歴25年以上(ドラクエ3以来)。ゲームについてのブログです(旧Xbox公認ファンサイト)。Xbox One、Xbox360を中心にプレイしたゲームの感想を書いています。

いよいよ情報公開!? XBOX360版「地球防衛軍X(仮題)」

XBOX360
  
 ゲームメーカー各社のお盆休みも終わり、1ヵ月後に迫った東京ゲームショウに向けて、徐々に情報が流れ始めてくる賑やかな時期が訪れようとしています。
 
 
 その先陣を切るように、D3パブリッシャーの公式サイトで「地球到達まで、あと・・・」というカウントダウンが始まりました。
 これは、XBOX360版「地球防衛軍X(仮題)」のことを指していると、期待せずにはいられない訳です。
 
 
 前回触れた「お姉チャンバラ」と同じく、SIMPLE2000シリーズからのシリーズ新作。
 「THE 地球防衛軍」(SIMPLE2000シリーズで二作品発売)については、前から知っていたので、フルプライス化への不安はあるものの、XBOX360版へも期待するところ大です。
  
 かく言う私は、一作目、二作目とも以前に購入済みですが、ちゃんとクリア出来ていません(特に二作目はツライ)。
 でも、これは面白いです。
 
 バカバカしさと開発メーカーのゲーム作りのセンスが、SIMPLE2000シリーズという舞台で見事に調和しています。
 ツボにハマる人には、たまらない作品です。
 
 
 開発したのはサンドロット
 過去、大手メーカーからソフトをリリースしており、SIMPLE2000シリーズの開発メーカーの中では実績のある会社です。
 
 ちなみにSIMPLE2000シリーズは、ヒット作が出ると似たようなタイトルの作品を連発する傾向があるので、作品ごとの開発会社をチェックするとハズレを回避しやすくなります。
 
 
 PS版「リモート・コントロール・ダンディ」(HUMAN発売)やPS2版「ギガンティックドライブ」(エニックス発売)、PS2版「鉄人28号」(バンダイ発売)など、一貫して巨大ロボ・ゲームを手がけています。
 「THE 地球防衛軍」には「ギガンティックドライブ」のステージを流用したため、開発費を安く抑えることが出来たというのは有名な話。
 最新作は、DS版「超操縦メカ MG」(任天堂発売)です。
 
 
 XBOX360版、しかもフルプライス予定ということで、どんな姿に変貌を遂げるのか。
 その実体は、あと数日で明らかになることでしょう。
 今はカウントダウンを見守りつつ、久々に「THE 地球防衛軍」をプレイしたいと思います(XBOX360版発売までにはクリアしておきたいです)。
 
 情報が公開されたら、改めて採り上げたいと思います。 
 
 
 
SANDLOT公式サイトはこちら
 
DS版「超操縦メカ MG」についてはこちら任天堂公式サイト)