読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mu mu 360 のゲームライフ

ゲーム歴25年以上(ドラクエ3以来)。ゲームについてのブログです(旧Xbox公認ファンサイト)。Xbox One、Xbox360を中心にプレイしたゲームの感想を書いています。

ついに!9/28に「Z指定」で発売決定! XBOX360版「デッド ライジング」

XBOX360
 
 ついに日本でのXBOX360版「デッド ライジング」の発売日が正式決定しました。
 9月28日。「Z指定」(18歳未満販売禁止)での発売です。
 
 北米版の発売日が8月8日と決まり、日本での発売がいつになるのか気を揉んでいましたが、やっと公式サイトにて告知されました。
 
 私にとっては、XBOX360本体の購入動機となったソフト数本に含まれる「デッド ライジング」は待ちに待ったソフト、本命中の本命です。
  
 
 舞台はショッピングモール、画面を覆いつくす大量のゾンビ、というのはまさにジョージ・A・ロメロの映画「ゾンビ(Down of the Dead)」の世界そのもの。
 その突き抜けた感は、予告編映像を見るだけでも十二分に伝わってきます。
 
 自主規制が掛かって、北米版とは異なる表現になるのではという不安もあったのですが、「Z指定」ということでその心配も不要でしょう。カプコンの英断を称えたいです。
 
 
 さてゲームそのものも非常に楽しみなのですが、それ以上に気になるのがレーティング改変後、初の「Z指定」新作タイトルとして、どれだけ売れるのかということ。
 
 「デッド ライジング」の売り上げは日本に「Z指定」の市場が定着するかどうかの試金石となります。他のゲームメーカーや販売店も注目していることでしょう。
  
 海外の人気ゲームの日本語版発売に際して「D指定(17歳以上推奨)」に収まるようにするには、そのままでは審査に引っかかるであろうと思われるものが多く、このことも海外ゲームの日本語版発売の障害となっていたとも思われる訳です。
  「Z指定」でも商売として成立するとなれば、海外ゲームの日本語版発売にも弾みがつきます。
 
 さらに日本のクリエイターも、表現の幅が広がることで、より質の高い作品が作れることになるであるろうということは、以前から何度も書いている通りです(「過去のオススメ&お役立ち記事」参照)
 
 もちろん、ゲームに必要なことはリアルさだけではないのも当然のことです。ニンテンドーDSの一連のヒット作を見れば、その考えが支持を集めていることも明白です。
 
 しかしその一方でハードが進化することによって、よりリアリティのある作品が作れることも事実です。
 
 それは見た目のリアルさということ以上に、より説得力を持った作品が作れるということなのです。キャラクターの微妙な感情表現やドラマティックな演出までも可能になることで、大人の鑑賞にも堪えうる娯楽として映画などにも肩を並べることが出来るようになると思います。
 
 そのためにも「Z指定」がうまく機能して欲しいと望んでいます。
 「デッド ライジング」には、ある意味、日本のゲーム業界の将来が掛かっていると言っても過言ではありません。
  
 
XBOX360版「デッド ライジング」公式サイトはこちら(閲覧は年齢制限あり)