読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mu mu 360 のゲームライフ

ゲーム歴25年以上(ドラクエ3以来)。ゲームについてのブログです(旧Xbox公認ファンサイト)。Xbox One、Xbox360を中心にプレイしたゲームの感想を書いています。

「NINJYA GAIDEN」もやっとハイデフへ

XBOX360

 

表題は「2日遅れのエイプリルフール」というわけではありません。かと言って「NINJYA GAIDEN」新作のXBOX360での発売日正式決定!というわけでもありません。悪しからず。

 

ちょっと人騒がせなこの表題の意味は、多くのXBOX360ユーザーの皆さんが肩透かしをくらったはずのXBOX360下位(初代XBOXとの)互換リスト久々の更新!」に関連したことなのです。

 

 

今回の更新項目に以前からリストに挙がっていたNINJA GAIDENNINJA GAIDEN Blackの「グラフィックとパフォーマンスが向上」とあります。

私はNINJA GAIDENを持っているのですが(NINJA GAIDEN Blackは買い逃してしまった)、以前、XBOX360で起動したときに「ダメだこりゃ」と思ったことがあったのです。それは追加コンテンツの「ハリケーンパック」のダウンロードです。

 

リメイクであるNINJA GAIDEN Blackには最初から実装されている「ハリケーンパック」は、NINJA GAIDENではXBOX Liveから無料ダウンロードする仕様になっていました。これを実装することでゲームモードが増え、当時はオンライントーナメントも開催されていました。

今はトーナメントは開催されていませんが、この「ハリケーンパック」がプレイできるかできないかは、NINJA GAIDENをプレイするうえでゆずれない重要な要素なのです。

 

で、以前「ハリケーンパック」をダウンロードしようとしたら、フリーズしたのか?と思うくらい、全然ダウンロードが進まない一晩そのままにしたこともありましたが、翌朝見ると、結局タイムアウトでエラーになってました。

 

どうやらこの現象は私だけでなく、他にも多発していて「サポートに問い合わせたが個別のゲームのことはメーカー(この場合はテクモ)に聞いてくれと言われた」という書込みを公式サイトのフォーラムで発見し、

これじゃ、互換の意味無いし、結局NINJA GAIDENは初代XBOXでやるしかないのか」とまたも裏切られた気持ちになっていたのです。

 

 それが今回のリストの更新項目を見て「もしや!」と思って久々にXBOX360NINJA GAIDENを起動してみたところ、出来ました!

一晩掛けてもダウンロード出来なかった「ハリケーンパック」がすんなりと、ものの5分もかからずにダウンロードできたのです!

 

 

XBOX360発売から4ヶ月近く経ってようやくということで「遅いよ!」とスケバン恐子みたいなツッコミを入れたくはなりますが、時間掛かってでも不具合に対応し改善したマイクロソフトの姿勢にはとりあえず拍手!

 

くれぐれも最初の下位互換のときに「ハリケーンパック」のダウンロードのこと見落としてたでしょ?と いう下衆の勘ぐりは止めておきましょうね

 

実際にプレイしてみて、正直、グラフィックの向上というのはあまり実感できませんでしたが(私のTVがハイビジョン非対応でS端子接続というこもあるかもしれません)、「ハリケーンパック」が無事にダウンロードできたことだけで満足。

これでやっと正真正銘の下位互換が果たせたと言えるわけです。表題の『「NINJYA GAIDEN」もやっとハイデフへ』とはそういう意味です。

 

 

他にも今回唯一の新規ソフトとして先日PC版が発売されたばかりのFABLE(フェイブル)があります。

こちらもPC版は高価なので(マイクロソフトのPCゲームソフトの新作って値段高いですね)、興味ある方は今から中古ででもXBOXFABLE(フェイブル)を探した方が、安く楽しめると思います(私は未購入でした)。

 

こちらもくれぐれもPC版の制作のついでに下位互換の作業をやったんでしょ?という下衆の勘ぐりは止めておきましょうね

 

 

それにしても一向に増える気配の無い日本での下位互換タイトルですが、ご存知の方も多いでしょうが、実は北米では日本とは比べ物にならないくらい互換タイトルが多いのです。

(公式サイトの上部の表示されている国名を日本から他の国へ変更することで世界各国の公式サイトを閲覧できます)。

 

全てを確認したわけではないですがおそらく日本は世界中で最も下位互換タイトルが少ないでしょう。

 

公式サイトによると下位互換タイトルは「技術的な問題を除けば、売上本数の多いソフトから優先して対応」とのことなので、

ワールドワイドで見れば、いかに日本市場での初代XBOXの実績が厳しかったかということを思い知らされます

(だから日本だけでしか発売されてないようなタイトルはきっと後回しにされてるんでしょうね)。

 

今後も下位互換タイトル増加への希望を捨てずに、気長に待ち続けるしかないんでしょうが、くれぐれも

気が付いたら下位互換タイトルリスト更新が完了する前にXBOX360の次世代機発売」

なんてことにはならないように。と釘を差しておきます。